«  2010年10月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2010年10月 9日

こんにちは!スタッフ森谷です(´・ω・`*)

今日から世の中は3連休・・・生憎の空模様ですが、

皆さんどこかへお出かけするんでしょうか?

私は休日もっぱらTSUTAYA通いです(笑)

まだまだ観たい映画が沢山あって、ますます出不精に!!


さてさて今日の話題は、、、もうすぐクリスマス!!!!

・・・気が早いですか?

でもあっという間に今年も残りあとわずか2ヶ月ですねー

日比谷歯科医院では毎年、日ごろ頑張って歯磨きをしているキッズたちに

クリスマスプレゼントをあげているんです。

そんなキッズたちに配るのがこちら↓

歯医者 クリスマス イベント.jpg

この紙を渡して、将来の夢や欲しい物・・今頑張っていることや目標なんかを

子供たちに書いてもらっています。(書く内容は自由です♪)

そして、書いてきてくれた子には、クリスマスプレゼントを渡しています。

この紙はもう渡し始めています!

そんでそんで、今年のプレゼントは何かな~~!?!?

まだまだ秘密です。

もう準備にとりかかっています。むふふ

みんな、楽しみにしててね~~!!

そんなこんなで日比谷歯科医院新聞~秋号~できました。

歯医者 新聞.jpg

ただいま、HP上で見られるように調整してもらっていますので、しばしお待ちを。

院内ではいつものスリッパ棚の上に置いてあります~~~

ぜひぜひ、目を通してみてください!!


そしてただいま、2階のBGMを担当しております・・・DJ森谷です。

もう完全に私の好みな部分もありますが、密かに感想待ってます♪

クリスマスの時期にはクリスマスソング流しちゃうぞ~~~

ではでは、皆様楽しい連休をお過ごし下さいませ。

2010年10月 2日

こんにちは!スタッフ森谷です。

今日は晴れですよ~

院長は勉強会でお休みなので私は空き時間を利用してせっせとブログ更新します。

でもブログ毎日更新するのって難しいですよね...。

芸能人とか毎日やってる人見ると「いつやってんだ!?」と思います。

あとはお洋服のショップブログ...。

沢山の絵文字を使って写真を貼って...す、、すごい!!

ブログは根性必要ですね。

ま、私はあくまでも好きでやってますけども!!(アピール)


さて今日は、今週新たにやって来た「無影灯(むえいとう)」という新人を紹介します!

無影灯君はオペ室にやって来ました。

無影灯.jpg

おお...!?デカイよ!?

無影灯 全体.jpg

え...?UFOなの?????????

無影灯 ドアップ.jpg

ここから吸い込まれる!?連れて行かれる!?!?


...冗談はこのくらいにしておきまして、

この無影灯はオペ用のライトです!

その名の通り影が出来ないライト!!

オペ中はアシスタントも両手がふさがることが多い...

奥歯が患部だと影になって見えにくい...

そんな不満を解消してくれるのです☆


その明り具合やいかに!?

無影灯 明り1.jpg

普通の状態で照らすとこんな感じ。

明るさはいまいちわかりづらい。

無影灯 散.jpg

ところがどっこい、4個のライトを移動させることができーるのだー

無影灯 集.jpg

集合させてみた。

写真わかりづらいですね。すみません

まるで蛍の光のように繊細に写ってしまった。うう...

全部の光を集めると圧倒的に明るいです。

これにプラスして普段の診療台についているライトを照らせば最強です。

院長曰く、「とてもよく見えて良い」とのことでした。

アシスタントは...まぶしかった(笑)


これ結構重いので、片腕がマッチョになりそうです。

あとお知らせが!

ただいま「日比谷歯科医院新聞~秋号~」作成中。

クリニック 通信 新聞.jpg

出来次第改めて報告させて下さい。


ではでは、良い週末を。

私は宇宙へ行ってきま~す(笑)

UFO 無影灯.jpg

« 2010年9月 | メイン | 2010年11月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
日比谷歯科 院長 船木 弘

日比谷歯科
院長 船木 弘

私たちが一番に心がけているのは、十分な説明を行ない、正しく納得していただいてから治療を行うこと。
自分の身体のことなのに、何されているか分からない。とても怖いことではありませんか。 私が治療を受けるとしたら、やはりシッカリ説明を聞いてから治療を受けたいですね。

患者さんのことを本気で考え、まるで自分の歯を治療するように接する。医師として当たり前のことだと考えています。