2009年4月 4日 « トップへ » 2009年4月 7日

2009年4月 5日

「まるで自分の歯!」限りなく天然に噛み心地~インプラント

まるで自分の歯「歯を失ったが、ブリッジや入れ歯にするのは抵抗がある」「入れ歯が何度作り直して合わない」そんな悩みを抱えている方にオススメなのが、インプラント治療です。このページでは当院のインプラントについてご紹介します。

<当院のインプラント治療の特徴>
日本でも数少ない「国際インプラント学会認定医」である院長
ドリルを使わず、ほとんど痛みがありません
より安全な手術のために。CTを使った事前シミュレーション
「骨がうすい」と他院でインプラント治療を断られた方へ
ところで「インプラント」ってなんですか?
インプラントと他の治療との比較

日本でも数少ない「国際インプラント学会認定医」である院長

法律的には歯科医師免許を持っていれば、誰でもインプラント治療ができます。とはいえ、その技術には大きく差があるのは事実。歯科医師によって、得手・不得手があるわけです。

book当院院長は、年間平均150症例。AIAI(ドイツ国際インプラント学会)から「認定医」として認定されています。AIAI=国際インプラント学会とは、ドイツに本部がある国際的なインプラント学会。認定医の承認には試験(症例の提出など)が設けられ、その高い基準は業界でも有名です。また、年間平均症例数も約150本。大小多くのインプラント手術を経験しているベテランドクターでもあります。

もし、あなたが安心のインプラント治療を検討なら、認定医資格を持つベテランドクターを選んでください。

ドリルを使わず、ほとんど痛みがありません~OAMインプラント

「インプラントには興味があるけど、手術が怖い」と、治療を敬遠している方はいませんか?

当院では手術の際、ドリルをほとんど使わないインプラント法「OAM(オーエーエム)インプラント」を導入しています。これは特殊な器具を使って、優しくゆっくりインプラントを埋入して行く方法であり、骨をほとんど削らないので、出血もあまりありません。

「OAM(オーエーエム)インプラント」は、安心・安全・体にやさしい治療法として、現在注目されている治療方法です。

<OAMインプラントの方法>
●まず最初は直径0.3mmのケシの実ほどの小さなラウンドバーで骨の表面の固い部分に起始点を作ります。
drill01

●次に針灸で使うほどの細い道具で骨の柔らかい部分にもみ込み、糸状の小さな穴を作ります。
drill02


●大口式のオーギュメーターという装置を使って細い穴をゆっくり広げていきます。すると、穴だけでなく骨自体の厚みも増加してきます。
drill03


●単に骨を広げながらインプラントを入れるため、骨や体に与えるダメージは最小限で済ます事が出来ます。しかも、インプラント体は周りが固い骨で囲われ安定し長持ちします。
drill04



より安全な手術のために。CTを使った事前シミュレーション

より安全な手術知っていますか?実はこれまでのインプラント治療では、歯科医が持つ経験や勘を頼りにインプラントの打つ場所や角度を決定していました。しかしこれでは、インプラントを入れる深さや場所を誤った場合、大きな事故に繋がるリスクも否めません。

こうした事態を避けるために、当院のインプラント治療では事前にCTを使って、患者さんの口の中を撮影、分析。あらかじめコンピュータ上で手術のシミュレーションを行い、より精度の高く安全なインプラント治療を行っています。

あらかじめ口の状態を知っておくことで、今まで手術が難しかった難症例への対応や、手術時間そのものの短縮につながります。もちろんCTの被爆量はほとんどなく、どなたでも安心して撮影を行うことができます。

「骨がうすい」と他院でインプラント治療を断られた方へ

「骨が少ないのでインプラントはできません」といわれ、インプラント治療を諦めている方はいませんか?当院ではそのような顎の骨が薄い方へのインプラント治療も数多く手がけています。

◆骨が少なく、インプラントを植立できない場合に行う骨を増やす外科手術
・サイナスリフト
サイナス(上顎洞)と呼ばれるスペースに人工骨などを移植することで、骨を増やす方法です。

・GBR法
骨が不足している箇所に、特殊な膜を覆うことで骨を作るスペースを確保します。その中に、骨のもとになるもの素材を詰めていき、骨の再生を促してきます。

ところで「インプラント」ってなんですか?

インプラント」ってなんですか?「インプラント」とはあごの骨にチタン製の人工の歯根を埋め込み、それを土台にして人工の歯を装着する治療方法です。

隣の歯を削らないので、ほかの歯に負担がかかりません。見た目の美しさ、機能的にも優れた最新の治療法です。

しかし、インプラントはやはり人工物。 天然の歯にはかないません。当院でもインプラント治療も積極的に行いますが、まずは歯を残す努力を最大限にいたします。誰だって自分の歯は抜きたくないですもの。

また、インプラントは保険外治療のため高額な治療費(平均で1本25~35万)がかかります。歯を失った代償は安くはありません。どうです?予防治療や歯周病治療が大切かわかったでしょう?

インプラントと他の治療との比較

比較表

インプラントにはよく噛めるといったメリットの他に、「残っている自分の歯を守ることができる」といった特徴もあります。

ブリッジには、支台になっている歯に負担がかかる、みがきにくいから虫歯・歯周病になるといったデメリットもあります。

部分入れ歯には、咬めないため反対の歯で噛むので反対の歯が壊れる、バネがかかっている歯が必ずグラグラしてくる ブリッジも入れ歯も両方残っている歯を壊す道具にすぎません。残念ながらこれが保険治療の現実なのです。

もしインプラントを選択される場合は必ず歯周病治療をしっかりとしている歯科医院を選んでください。歯周病の状態ではインプラントは長持ちしません。

インプラント治療例

インプラント治療例


2009年4月 4日 « トップへ » 2009年4月 7日


コールバック予約