トップへ » クリニックについて » 院長先生について » 患者さんの歯を、自分の歯のように接する

患者さんの歯を、自分の歯のように接する

そういった意味では、私は患者さんの気持ちに一番近いかもしれませんね。もちろん、今では医師としてのビジョンはありますが、出発点がそこではないので、患者さんのことをまず考えることができたんです。

ですから、いまでも医師としての理想だけを押し付けることだけは、絶対に行いません。患者さんのお話に耳を傾けながら、自分が受けたい治療を提供し、患者さんが納得するまで説明をする。ここには確固たる信念を持って日々治療を行っています。

これからも、この地域に深く根ざして診療を行っていき、ご家族の生涯のかかりつけ医として地域のみなさんに貢献したいですね。地域のみなさんとともに成長できたらと思っています。


トップへ » クリニックについて » 院長先生について » 患者さんの歯を、自分の歯のように接する


コールバック予約