トップへ » 私たちが選ばれる理由 » ときには60分。納得していただけるまでお話します

ときには60分。納得していただけるまでお話します

ときには60分何の説明もなく治療が始まったらどう思いますか?医師から何の了解もなしに、急に歯を抜かれたら、誰でも納得いかないはずです。

当院では、治療前に必ずカウンセリングを行い、まず患者さんの悩みをうかがいます。その後、患者さんにとってベスト(※)な治療計画を立て(時には一人の患者さんに対し5~6通りも)、分かりやすくご説明。たとえ小さな「詰め物」ひとつ入れる時でも、素材や治療方法をシッカリお伝えします。専門的で難しい内容は、言葉だけではなく、図や比喩を使いながら解説します。

そして、治療方針を患者さん自身に決めていただき、納得していただいてから治療をスタートさせます。この際、患者さんに選択を委ねっぱなしにするのではなく、プロの立場からどの治療法がいいと思うかというアドバイスも同時に差し上げるようにしています。

時には、説明が60分以上に渡ることもしばしば。これも患者さんに本当に納得してから治療を受けて欲しいから。基本的に治療計画は「自分の歯だったらどうするか・・・」を前提に考えます。患者さんの悩みを解決するために、私たちは「治療の説明と同意」と徹底します。

◆当院ではインフォームドコンセントを遵守しています。スピーディーな治療をお求めの方は、お断りする場合がございます。誠に申し訳ありませんが、ご了承ください(急患の場合を除く)。

※「患者さんにとってのベスト」を突き詰めると、自費治療のご提案も必要になってきます。というのも、残念ながら日本における歯科での保険治療は、医科の保険治療と違い、最低限の治療しかできないからです。

たとえば、銀歯が外れたとき中が虫歯だったことはありませんか?詰め物の中が虫歯です......と言われたことはありませんか?実は、いま日本の歯科業界で使用してる銀歯は、世界ではほとんど使用されていません。これが日本の歯科の保険治療なのです。海外のガイドブックには、日本で保険で歯の治療をすると、得体の知れない金属を入れられるから気をつけたほうがいい・・・と書いてるものもあるそうです。

当院では患者さんの歯の状態に合わせて、保険治療はもちろん、必要に応じて自費治療も合わせてご提案させていただいています。


トップへ » 私たちが選ばれる理由 » ときには60分。納得していただけるまでお話します


コールバック予約