トップへ » 私たちが選ばれる理由 » インプラント » 日本でも数少ない「国際インプラント学会認定医」である院長

日本でも数少ない「国際インプラント学会認定医」である院長

法律的には歯科医師免許を持っていれば、誰でもインプラント治療ができます。とはいえ、その技術には大きく差があるのは事実。歯科医師によって、得手・不得手があるわけです。

book当院院長は、年間平均150症例。AIAI(ドイツ国際インプラント学会)から「認定医」として認定されています。AIAI=国際インプラント学会とは、ドイツに本部がある国際的なインプラント学会。認定医の承認には試験(症例の提出など)が設けられ、その高い基準は業界でも有名です。また、年間平均症例数も約150本。大小多くのインプラント手術を経験しているベテランドクターでもあります。

もし、あなたが安心のインプラント治療を検討なら、認定医資格を持つベテランドクターを選んでください。


トップへ » 私たちが選ばれる理由 » インプラント » 日本でも数少ない「国際インプラント学会認定医」である院長


コールバック予約