トップへ » 私たちが選ばれる理由 » 歯周病 » 歯周病治療の基本的な考え方

歯周病治療の基本的な考え方

歯周病治療の基本的な考え方歯周病の治療は、実はとてもシンプル。基本的な治療としては、原因菌が潜んでいる歯石などを完全に除去(スケーリングといいます)することで改善できます。

とはいえ、このスケーリングで治せる歯周病は、ごく初期の軽度のものだけ。中程度~重度の歯周病の一番の原因は、「縁下歯石」といわれる歯茎の中に隠れている黒い歯石です。

この縁下歯石を取るのが、FOP(歯肉剥離掻爬術/保険適応)といわれる治療法です。FOPは高度な技術を要するため、歯周病治療に力を入れて勉強している先生でないと、なかなかできないのが現状です。この方法を用いれば、歯がグラグラしているのもある程度治すことも可能になり、今までよりも多くの歯を残せる様になりました。

>>当院の歯周病専門サイト


トップへ » 私たちが選ばれる理由 » 歯周病 » 歯周病治療の基本的な考え方


コールバック予約