トップへ » 私たちが選ばれる理由 » 根管治療 » 根管治療の治療法

根管治療の治療法

根管治療の目的は、根の中をきれいに掃除して根の中を封鎖し、細菌感染を防ぐことにあります。
しかし、この根管治療というのは非常に時間もかかり、技術も必要です。理由は根の形はすべて異なり、中には治療が不可能なほど複雑なものまで存在するからです。

通常はこの根管治療は手探りで行っていましたが、その治療の制度には限界がありました。

そこで当院では通常のレントゲンだけではなく必要に応じて『歯科用CT』と『拡大鏡(サージテル)』や『レーザー治療』を導入し、根管治療をより確実なものになるようにしています。

また根管治療後は被せもの(クラウン)が必要になってきますが、このクラウンの被せもの材料によって大きく歯の寿命も変わってきます。例えば、保険の銀歯の場合、被せものが精密ではないため銀歯の隙間から細菌が侵入し再感染が起こるリスクが高くなります。

また材質的に硬すぎるため根に負担がかかり歯根破折のリスクも高くなります。そこで当院では根管治療後に被せる材料(クラウン)も患者さんと相談のうえ、より精密に被せる事が可能で、歯に負担がかかりにくいセラミックやゴールドといった材料も使用しています。

このように考えられるすべての治療方法・選択肢を説明し根管治療をした歯がより長持ちするように努力しています。
根管治療


トップへ » 私たちが選ばれる理由 » 根管治療 » 根管治療の治療法


コールバック予約